借金の返済が滞っています。どこに相談すればよいですか。
[受付番号:CGQ000000187]
[質問分野: 市民生活・相談・国際交流 ]
【生活安心安全課消費生活センター】
相談専用電話(静岡・清水共通月~金(祝休日、年末年始を除く。)9時~16時)
:電話054-221-1056 FAX054-221-1291
静岡相談窓口:静岡庁舎新館1階
清水相談窓口:清水庁舎4階
債務整理(自己破産、過払金返還請求など)について
消費生活センターで債務の相談を受けています。消費生活相談員が内容を聴き取り、相談内容をふまえて法律専門家を紹介します。法律専門家が解決に向けて対応することになります。
※弁護士や司法書士に債務整理を依頼したときはそこから有料となります。

相談窓口:静岡庁舎新館1階と清水庁舎4階
相談時間:月~金(祝休日、年末年始を除く。) 9時~16時
相談電話:054-221-1056(静岡・清水共通)
相談対象者:市内に居住する方(事業者を除く) 

消費生活センター以外の相談窓口
【静岡県弁護士会】
 予約電話:054-252-0008
 予約時間:月~金の9時~17時(12時~13時を除く。)                
 相談時間:毎週月・水曜日は10時~12時、毎週火・木曜日は13時30分~16時、毎週金曜日は10時~12時と13時30分~16時。いずれも祝休日、年末年始を除く。
 
【静岡県司法書士会】
 電話相談:月~金の14時~17時 
        054-289-3704
 面談:火・金曜日の14時~17時
 ※面談は要予約(電話054-289-3700、予約受付は月~金の9時~17時)
 ※いずれも祝休日、年末年始を除く。

【日本クレジットカウンセリング協会】
 相談電話:0570-031640
 相談時間:月~金(祝休日、12月28日~1月4日は除く)の10時~12時40分、14時~16時40分


更新日[2020/04/01]

土・日・祝日の消費生活相談窓口はどこですか。
[受付番号:CGQ000000194]
[質問分野: 市民生活・相談・国際交流 ]
【生活安心安全課消費生活センター】
相談専用電話(静岡・清水共通月~金(祝休日、年末年始を除く。)9時~16時)
       電話054-221-1056 FAX054-221-1291

静岡相談窓口:静岡庁舎新館1階
清水相談窓口:清水庁舎4階
土日の消費生活相談窓口について
静岡市消費生活センターでは、土曜日・日曜日、祝休日の消費生活相談は行っておりません。
土曜日・日曜日、祝休日は、消費者ホットライン電話番号188にお掛けください。国民生活センターにつながります。(受付時間10時~16時)

その他の土曜日、日曜日に開設している消費生活相談窓口は次のとおりです。

【公益社団法人 全国消費生活相談員協会】
東京:03-5614-0189(土曜、日曜日 10時~12時、13時~16時)

【公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会】
東京:03-6450-6631(日曜日 11時~16時)
大阪:06-4790-8110(土曜日 10時~12時、13時~16時)

※ 年末年始の相談は、各団体のホームページをご覧ください。


更新日[2020/04/01]

女性のための相談窓口について教えてください。
[受付番号:CGQ000000199]
[質問分野: 図書館・青少年施設・女性相談 ]
【男女共同参画・人権政策課】
 電話054-221-1349
 FAX054-221-1782
女性のための相談窓口について
1.女性のための相談室
静岡市女性会館(アイセル21)に相談室があります。
家族や日常生活、仕事などについて悩んでいる女性のための相談や、法律相談(予約制)を設けています。

◆申し込み方法
<総合相談(電話・面接)>
女性会館相談室直通 電話054-248-1234
受付:火・水・金曜日の午前9時~午後1時、午後2時~午後5時
木曜日午後2時~午後8時
土曜日午前10時~午後1時(年末年始、祝休日は除きます)
※面接相談は電話相談後、ご希望や必要に応じて予約の上、ご利用いただけます。
<法律相談>
毎月第1土曜、第3木曜午後2時~午後5時
※法律相談は予約制となっております。

2.男女共同参画に関する苦情・相談
電話054-221-1349
FAX054-221-1783

性別による差別で人権が侵害されたときや男女共同参画に係る市の施策に対する苦情があるとき申し出ることができます。
必要に応じて弁護士等の専門家や静岡市男女共同参画審議会委員に意見を聞き改善に努めます。


更新日[2022/04/01]

子育てに悩んでいますが、相談先を教えてください。
[受付番号:CGQ000000173]
[質問分野: 母子・保育・児童・子どもの医療費助成 ]
【子ども未来局子ども未来課】
電話054-354-2603
子育ての相談機関について
子育てをしていると、わからないことや不安になることがたくさんあります。
静岡市では、子育てに関する様々な悩みを相談できる機関があります。

「静岡市子育てハンドブック」や「静岡市子育て応援サイトちゃむしずおか」には、子育てに関する相談先を紹介していますので、確認してみて下さい。

相談先がわからない場合は、子ども未来課までご連絡ください。 



更新日[2020/04/01]

市が主催する婚活イベントに参加したい
[受付番号:FTQ000000154]
[質問分野: 図書館・青少年施設・女性相談 ]
【青少年育成課】
電話054-354-2614 FAX054-352-7732
市主催の婚活イベントについて
市主催の婚活イベントは、市の広報紙「静岡気分」にて掲載していますので、そちらをご確認ください。
また、市と結婚支援に関する協定を結んでいるNPO法人しずおか出会いサポートセンター(ジュノール)の婚活イベントも静岡気分に掲載しているほか、ジュノールホームページ内「イベント情報」にも掲載していますので、合わせてご確認ください。


新規[2022/04/01]



交通安全に関する団体にはどういったものがありますか。
[受付番号:FTQ000000153]
[質問分野: 市民生活・相談・国際交流 ]
【生活安心安全課】
電話054-221-1058 FAX054-221-1291
交通安全関係団体について
市内では様々な団体が交通安全の推進のため活動しています。市では以下のような団体に補助金を交付し、その活動を支援しています。

(1)学(地)区交通安全会
市内78学(地)区の自治会、町内会等の代表で組織され、交通安全運動への協力、地域の交通安全教育・各種講習会等の啓発活動を行っています。

(2)清水地域連合交通安全推進本部長会
清水区内において交通安全対策事業を効果的かつ効率的に実施し、もって同区内の交通の安全を維持し、及び向上させるため、同区内において実施される交通安全対策事業に関する連絡及び調整を行っています。

(3)交通指導員会
各地域において、市民の交通安全のための街頭指導、特に小学生及び幼稚園児の登校・登園時に交通指導等のボランティア活動を行っています。

(4)交通安全母の会
「交通安全は家庭から」をスローガンに母親が自ら正しいルールを学び、家庭の中で交通安全教育を推進し、悲惨な交通事故を一件でも減らそうと交通安全レター作戦、交通安全運動の協力など啓発活動を行っています。

(5)飲酒運転追放協議会
市内から飲酒運転を追放し、もって交通安全と、明るい社会実現をはかることを目的とし、街頭啓発や飲食店等における啓発品の配布等を行っています。また、毎年12月には市等との共催により「静岡市暴力・飲酒運転追放、犯罪等に強いまちづくり市民大会」を開催しています。



パートナーシップ制度について教えてください
[受付番号:FTQ000000158]
[質問分野: 図書館・青少年施設・女性相談 ]

【男女共同参画・人権政策課】
電話 054-221-1349  
FAX 054-221-1782
「静岡市パートナーシップ宣誓制度」について
 静岡市では、現在の婚姻制度を利用できない、利用しない性的少数者カップルや事実婚カップルの生活上の生きづらさの一定の解消を図り、性のあり方に関わらず、市民一人ひとりの人権と多様な生き方が尊重される共生社会の実現を目指すため、令和4年4月から、パートナーシップ宣誓制度を導入しています。

 二人が、互いを人生のパートナーとし、日常生活において、相互に扶助し合う「パートナーシップ」の関係であることを宣誓し、市が宣誓書を受領したことを証明する「宣誓書受領証」「宣誓書受領カード」を交付します。 

当制度の導入に合わせ、市民の皆さん、学校、企業等への周知、理解促進に努めていくとともに、様々な関係機関への働きかけを続けることで、パートナー同士で家を借りる場合や、病院等での手続きにおける不自由などの解消を目指していきます。

 制度についての詳しい内容は、ホームページをご覧ください。



新規[2022/04/01]

新型コロナワクチン(の接種)のことで聞きたいのだが。
[受付番号: FTQ000000130]
[質問分野: 予防接種・感染症予防 ]
【新型コロナウイルス感染症対策課】
ワクチン接種対策室
電話 054-221-1418   
新型コロナのワクチンや接種については、専用コールセンターへ。
新型コロナワクチンのことに関する相談窓口は令和3年3月1日から専用窓口を開設しましたので、下記におかけください。

 新型コロナワクチンコールセンター
 0120-113-394

更新[2022/04/01]

女性が安心して過ごすことができる居場所はありますか。
[受付番号: FTQ000000124]
[質問分野: 図書館・青少年施設・女性相談 ]
【男女共同参画・人権政策課】
電話054-221-1349  
FAX054-221-1782
「女性のためのほっとスペース ふらり」について
様々な悩みを抱える女性が、市役所への申請書類の書き方や家計のやりくりなど、生活の困りごとに対するサポートを受けたり、普段思っていることや感じていることを聴いてもらうことができる、ほっとひと息、気持ちが楽になれる安全な居場所です。
いつ来ても、いつ帰ってもOK!過ごし方は自由です。

「女性のためのほっとスペース ふらり」
日時:毎月第4土曜、午前10時00分~午後4時00分
会場:女性会館(事前申込不要)
備考:女性スタッフが常駐します。
参考:女性会館事務室 電話054-248-7330


新規[2022/04/01]

しつこい電話勧誘に困っています。どうすればよいですか。
[受付番号:FTQ000000123]
[質問分野: 市民生活・相談・国際交流 ]
【生活安心安全課 消費生活センター】
相談専用:電話054-221-1056
(静岡・清水共通 月~金(祝休日、年末年始を除く。) 9時~16時)
迷惑電話への対応について
消費生活相談は、生活安心安全課消費生活センターでお受けしています(電話054-221-1056(静岡庁舎新館1階18番窓口、清水庁舎4階))。

なお、迷惑電話を防ぐ効果があるものとして、「通話録音装置」があります。着信音が鳴る前に、相手に会話を録音するというメッセージが流れ、会話を始めると自動的に会話内容を録音する機器です。

通話録音機能は、電話自体に機能が付いているもの、後付けのものがあります。

静岡市では、65歳以上の方がいる世帯に「通話録音装置」を無料で貸出していますので、お気軽にご相談ください。


新規[2021/04/01]