昨年、住宅を取り壊したところ、昨年度に比べて土地の固定資産税が上がったのはどうしてですか。

質問
昨年、住宅を取り壊したところ、昨年度に比べて土地の固定資産税が上がったのはどうしてですか。

質問分野: 固定資産税・都市計画税
受付番号: CGQ000001473

【固定資産税課】
土地第1係(葵区資産分)電話:054-221-1046
土地第2係(駿河区資産分)電話:054-221-1546

【清水市税事務所】
土地係電話:054-354-2080・2081

回答
住宅用地に対する課税標準の特例について
住宅用地(住宅の敷地である土地)には、固定資産税の課税標準額が価格の1/3(200平方メートルまでは1/6)、都市計画税の課税標準額が価格の2/3(200平方メートルまでは1/3)になるなどの課税標準の特例措置が設けられています。

この特例は、賦課期日(毎年1月1日)現在の土地の利用状況によることとなっていますが、昨年、住宅を取り壊したことにより、今年度は住宅用地でなくなり、特例措置が受けられなくなったためです。



更新日[2016/04/01]

よくある質問 Q&A

静岡市に寄せられるよくある質問・回答はこちらからご覧いただけます。

不燃・粗大ごみ受付センター

詳しくは、収集業務課ホームページをご覧ください。

上下水道お客様サービスセンター

詳しくは、こちらをご覧ください。