軽自動車税が以前より高くなりましたが、なぜですか?
[受付番号:CGQ000277880]
[質問分野: 税の証明書・軽自動車税 ]
【市民税課 軽自・諸税係】 
電話054-221-1218 FAX054-221-1033
軽自動車税の改正について (平成28年度)
地方税法の改正に伴い、軽自動車税の税率(年額)を改正しました。

◆原動機付自転車、二輪車及び小型特殊自動車等
平成28年度からすべての車両の税率(年額)が変わりました。            

◆三輪及び四輪以上の軽自動車
車両の「最初の新規検査」の年月により、税率(年額)が異なります。
                   
(1)重課税率 … 最初の新規検査から13年を経過した車両は、 グリーン化を進める観点から、 経年重課(古い車両の税負担を重くすること)が適用されます。(電気自動車、 ハイブリッド車、 天然ガス自動車等及び被けん引車は除く。)            
(2)新税率 … 平成27年4月1日以後に最初の新規検査を受けた車両は、 新しい税率 (年額) が適用されます。 ( 令和3年4月1日から 令和4年3月31日までに 最初の新規検査を受けた 所定の環境性能を有する車両は、 令和4年度分に限り、 軽課税率が適用されます。)
(注>所定の環境性能を有する車両(電気自動車、天然ガス自動車及び営業用乗用車に限る)。
(3)据え置き税率 … 平成27年3月31日以前に最初の新規検査を受けた車両は、重課税率の対象となるまで(最初の新規検査から13年を経過するまで)は、税率(年額)を据え置きます。


※ 「最初の新規検査」 とは、 今までに車両番号の指定を受けたことのない軽自動車を、 新たに使用するときに受ける検査のことです。 最初の新規検査年月は、 自動車検査証の 「初度検査年月」 で確認できます。

詳しくは市民税課 軽自・諸税係までお問い合わせください。              



更新日[2022/04/01]




不燃・粗大ごみ受付センター

上下水道お客様サービスセンター