動物の愛護・管理

犬を飼っていますが、高齢のため昼夜なく吠える・寝たきりになってしまいました。どうすればいいですか。
[受付番号:CGQ000000985]
[質問分野: 動物の愛護・管理 ]
動物指導センター
【動物指導第1係(葵区・駿河区)】電話054-278-6409FAX054-278-2987
【動物指導第2係(清水区)】電話054-354-2403FAX054-354-2226
犬を飼っていて、高齢のため認知症のようになり、昼夜なく吠えたり・寝たきりになってしまった場合
動物は家族の一員であり終生飼養が基本です。ほえ続ける場合には、動物病院に相談してみてはどうでしょうか。精神安定剤や睡眠薬で症状が軽減される場合もあるようです。
最後まで飼っていただきたいのですが、どうしても飼いきれない場合には動物病院(主治医)、又は動物指導センターにご相談ください。


更新日[2016/04/01]

家の敷地内で野良猫が子猫を産んでしまったのですが、どうすればいいですか。
[受付番号:CGQ000000986]
[質問分野: 動物の愛護・管理 ]
動物指導センター
【動物指導第1係(葵区・駿河区)】
 電話054-278-6409 FAX054-278-2987
【動物指導第2係(清水区)】
 電話054-354-2403 FAX054-354-2226
家の敷地内で野良猫が子猫を産んでしまった場合
あなたやお知りあいで飼える方を探していただけないでしょうか。                        
その上で、どうしても新しい飼い主さんが見つからない場合には、動物指導センターに引き取り依頼もできますが、この場合、処分が前提となります。
なお、清水区の動物指導センターへつれてくる場合は、あらかじめ電話で引き取り日時等をお問い合わせください。(原則は火曜日および木曜日の午前です)


更新日[2019/03/05]

犬・猫が川・側溝に落ちて上がれない・隙間に入り込んで出られないようですが、どうすればいいですか。
[受付番号:CGQ000000987]
[質問分野: 動物の愛護・管理 ]
動物指導センター
【動物指導第1係(葵区・駿河区)】
 電話054-278-6409 FAX054-278-2987
【動物指導第2係(清水区)】
 電話054-354-2403 FAX054-354-2226
犬・猫が川・側溝に落ちて上がれない・隙間に入り込んで出られない場合
可能な範囲で救出作業をしますが、住居や塀などを壊さなければならない等の事情によって対応できない場合もあります。
状況を把握した上で対応させていただくこととなりますので、動物指導センターへご相談ください。 

更新日[2016/04/01]

静岡市動物指導センターについて教えてください。
[受付番号:CGQ000000961]
[質問分野: 動物の愛護・管理 ]
動物指導センター
【動物管理係(葵区・駿河区)】電話054-278-6409 FAX054-278-2987
【動物指導第2係 (清水区)】電話054-354-2403 FAX054-354-2226
静岡市動物指導センターについて
静岡市動物指導センターでは次の業務を行っています。

◆犬の登録、狂犬病予防注射に関すること
◆放浪犬の保護や犬、猫の引き取り相談及び飼い方指導に関すること
◆動物取扱業登録の申請に関すること
◆特定動物飼養許可の申請に関すること
◆死亡した動物の火葬に関すること

詳細は動物指導センターへお問い合わせください。 


更新日[2021/04/01]

飼い主不明の犬猫等小動物及び野生動物の死体処理について教えてください。
[受付番号:CGQ000000628]
[質問分野: 動物の愛護・管理 ]
【全市域】
収集業務課:電話054-221-1074
        054-221-1365
飼い主不明の犬猫等小動物及び小型の野生動物の死体処理について
道路上での飼い主不明の犬猫等小動物及び野生動物の死体がある場合にご連絡ください。通報により死体を確認し回収をします。

・夜間、日曜日、年末年始の休みは業務をおこないません。このような時は段ボール等に入れ、保管するなどして業務を行っている日にご連絡ください。

<ご注意>
1.飼い主不明の犬猫等小動物でまだ息がある場合、管轄の動物指導センター(葵区・駿河区:054-278-6409、清水区054-354-2403)へご連絡ください。

2.野生動物でまだ息がある場合、
まず、静岡県自然保護課(電話054-221-2719、閉庁日: 054-221-2455)へ連絡し、指示を仰いでください。

3.特別天然記念物に指定された動物の死体の回収はできません。文化財として取り扱われますので市文化財課(054-221-1066)へお問い合わせください。

4.自宅や事業所の敷地内、駐車場や空き地などの私有地内に同様の死体がある場合は、土地の管理者である所有者又は管理を委託された者の責任において処理されるものとなりますので、回収にはお伺いできません。


更新日[2019/04/01]